樹木の花 > 樹の花ノート > ヤマハゼ(山櫨)
ヤマハゼ(山櫨)
名 前 ヤマハゼ(山櫨)
科 属 ウルシ科ウルシ属
分 布 関東地方以西~沖縄に分布
開花時期 5月~6月
その他 落葉小高木
ウルシ属の仲間  カイノキ ハゼノキ ヤマハゼ  

(ヤマハゼ)新緑と花穂 2012.6@小石川植物園

(ヤマハゼ)黒い果実 2014.11@小石川植物園

(ヤマハゼ)紅葉 2018.12@小石川植物園
関東地方以西~沖縄の山地に自生する落葉小高木のヤマハゼ(山櫨;ウルシ科ウルシ属)。樹姿などがハゼノキによく似ていて、山地に生えるハゼノキということから和名が由来。5月~6月、総状花序を出し、黄緑色の小さな花を多数つける。葉は奇数羽状複葉で、何枚もの小葉をもつ。秋に扁球形の実が黒く熟し、房状になって垂れ下がる。晩秋にはあざやかに紅葉する。心材は鮮黄色で美しいので器具材や黄色の染料に用いられる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ヤマハゼ(山櫨)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可