樹木の花 > 樹の花ノート > トチュウ(杜仲)
トチュウ(杜仲)
名 前 トチュウ(杜仲)
科 属 トチュウ科トチュウ属
分 布 中国固有種
開花時期
その他 落葉高木
(トチュウ)新葉と花 2019.4@小石川植物園

(トチュウ)万緑 2019.5@小石川植物園

(トチュウ)黄葉 2019.12@小石川植物園

(トチュウ)冬木立 2019.1@小石川植物園
トチュウ(杜仲;トチュウ科トチュウ属)。中国固有の落葉高木。雌雄異株で春の新葉の展開の頃に小さな花がつく。花弁などはなく、目立たない。葉はニレやケヤキに似た楕円形をしている。樹皮は漢方薬の生薬(杜仲)として使われ、中国では古くから不老長寿の薬とされる。 また、若葉を煎じた杜仲茶は、血圧の降下や肝機能の機能向上に効果があるとされる。

樹木の花 > 樹の花ノート > トチュウ(杜仲)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可