樹木の花 > 樹の花ノート > サンゴノボタン(珊瑚野牡丹)
サンゴノボタン(珊瑚野牡丹)
名 前 サンゴノボタン(珊瑚野牡丹)
別名:メディニラ・スペキオサ Medinilla speciosa
科 属 ノボタン科メディニラ属
分 布 東南アジア原産
開花時期 7月~9月頃
その他 常緑小低木
メディニラ属の仲間  サンゴノボタン メディニラ・マグニフィカ

(サンゴノボタン)2018.6@新宿御苑温室

(サンゴノボタン)2017.11@新宿御苑温室
東南アジア原産の常緑小低木サンゴノボタン(珊瑚野牡丹;ノボタン科メディニラ属)。フィリピン、ジャワ島などに分布し、高温多湿で半日陰の環境を好む。茎先に下向きの円錐花序を出し、ピンク色の4~5弁の花が多数つく。花の後に実が黒紫色に熟す。広卵形の丸い葉は3~4枚輪生する。メディニラ・スペキオサともいう。

樹木の花 > 樹の花ノート > サンゴノボタン(珊瑚野牡丹)
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可