樹木の花 > 樹の花ノート > サクララン(桜蘭、ホヤ)
サクララン(桜蘭、ホヤ)
名 前 サクララン(桜蘭) 別名:ホヤ
科 属 キョウチクトウ科ガガイモ亜科
サクララン属(ホヤ属)
分 布 日本・台湾・中国の亜熱帯地域の渓流沿いなどに生育
開花時期 5月下旬~9月頃
その他 つる性木本植物
(サクララン)2021.2@小石川植物園
日本・台湾・中国の亜熱帯地域の渓流沿いなどに生育するつる性木本植物のサクララン(桜蘭、別名:ホヤ)。キョウチクトウ科ガガイモ亜科サクララン属(ホヤ属)。5月下旬~9月頃に小さな美しい花が球形の花序となって咲く。夜間に甘い香りをもつ花が開き、昆虫のガ類を誘い寄せて花粉を運搬させる。サクラランはアジア、マレー諸島、オーストラリアなどに300種以上分布するが、花形質が多様性に富む。小石川植物園の温室では何種類ものサクラランが保存・生育されています。

(サクララン Hoya rosita)2021.2@小石川植物園

(サクララン Hoya odetteae)2021.2@小石川植物園

(サクララン Hoya heuschkeliana)2021.2@小石川植物園

(サクララン Hoya incrassata)2021.3@小石川植物園

(サクララン Hoya limoniaca)2021.3@小石川植物園

(サクララン Hoya pulicalyx)2021.4@小石川植物園

樹木の花 > 樹の花ノート > サクララン(桜蘭、ホヤ)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可