樹木の花 > 樹の花ノート > ナツメ(棗)
ナツメ(棗)
名 前 ナツメ(棗)
科 属 クロウメモドキ科ナツメ属
分 布 南ヨーロッパ原産、西アジア・中国を経由して渡来
開花時期 初夏
その他 落葉小低木、生薬(大棗)、食用
(ナツメ)若葉と小さな花 2021.6@小石川植物園

(ナツメ)木の実 2015.9@小石川植物園

(ナツメ)熟した果実 2009.10@小石川植物園
南ヨーロッパ原産の落葉小低木ナツメ(棗;クロウメモドキ科ナツメ属)。わが国へは西アジア・中国を経由して奈良時代以前に渡来。初夏、目立たない淡緑色で小さな花が葉腋につく。葉は小枝に互生して、羽状複葉のようにも見える。果実は球形の核果で中に1個の種子が入る。熟すと赤黒くなり、次第に乾燥してしわができる。ナツメの実はドライフルーツに使われ、糖質、各種アミノ酸、たんぱく質、ミネラルなど豊富な栄養をもつ。また、生薬(大棗)としても用いられる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ナツメ(棗)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可