樹木の花 > 樹の花ノート > ムクノキ(椋木)
ムクノキ(椋木)
名 前 ムクノキ(椋木)
科 属 アサ科ムクノキ属
分 布 関東以西~九州、沖縄に分布
開花時期 4月~5月頃
その他 落葉高木
(ムクノキ)新緑 2019.4@小石川植物園

(ムクノキ)花穂 2021.4@小石川植物園

(ムクノキ)緑葉 2015.8@小石川植物園

(ムクノキ)黄葉と木の実 2009.12@小石川植物園
ムクノキ(椋木;アサ科ムクノキ属)。関東以西の本州から四国、九州、沖縄に分布し、主に山地~低地の森林に生育する落葉高木。各地に天然記念物に指定されている巨木が多い。4月~5月頃、新葉の展開とともに葉の根元に淡緑色の小さな花が咲く。葉は互生し、卵形で全縁が鋸歯状。秋に黄葉し、ムクドリなどが好む黒紫色の熟した実がつく。木材の質はやや堅く粘りがあり、道具材、楽器材などに使われる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ムクノキ(椋木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可