樹木の花 > 樹の花ノート:キョウチクトウ(夾竹桃)
キョウチクトウ(夾竹桃)
名 前 キョウチクトウ(夾竹桃)
科 属 キョウチクトウ科キョウチクトウ属
分 布 インド原産
開花時期 6月~9月
その他 常緑低木、有毒植物
(キョウチクトウ)2004.7@小石川植物園

(キョウチクトウ)2016.8@小石川植物園
インド原産の常緑低木キョウチクトウ(夾竹桃)。炎暑の夏を延々と咲き続ける夏の花木で赤花と白花がある。葉の形状が竹に似て狭く、花が桃に似ていることから和名が由来。乾燥や大気汚染に強いため、街路樹などに利用される。木枝に強い毒性を有するので要注意。生木を燃やした煙も有毒。キョウチクトウ科キョウチクトウ属。

樹木の花 > 樹の花ノート:キョウチクトウ(夾竹桃)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可