樹木の花 > 樹の花ノート > ケンポナシ(玄圃梨)
ケンポナシ(玄圃梨)
名 前 ケンポナシ(玄圃梨)
科 属 クロウメモドキ科ケンポナシ属
分 布 北海道から九州まで自生
開花時期 初夏
その他 落葉高木
(ケンポナシ)2018.6@小石川植物園

(ケンポナシ)2008.7@小石川植物園

(ケンポナシ)2020.6@小石川植物園
北海道から九州まで自生する落葉高木ケンポナシ(玄圃梨)。樹上に小さな白い花がぎっしりと集散花序になって咲く。葉や樹皮からのケンポナシの抽出物にはアルコール臭の抑制効果があるといわれる。クロウメモドキ科ケンポナシ属。

(ケンポナシ)2019.10@小石川植物園
ケンポナシの小さな実を支えている柄の部分が膨らんで甘くなり食用になり、二日酔いに効くともいわれる。

(ケンポナシ)2020.12@小石川植物園
木枝に枯葉と小さな実が少し残っています。

樹木の花 > 樹の花ノート > ケンポナシ(玄圃梨)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可