樹木の花 > 樹の花ノート > カツラ(桂)
カツラ(桂)
名 前 カツラ(桂)
科 属 カツラ科カツラ属
分 布 日本各地、中国、朝鮮半島に分布
開花時期 3月~5月
その他 落葉高木
カツラ属の仲間  カツラ シダレカツラ ヒロハカツラ

(カツラ)広がる新緑 2017.4@小石川植物園

(カツラ)新緑と芽出し 2018.4@小石川植物園

(カツラ)夏木立 2015.8@小石川植物園

(カツラ)黄葉 2013.11@小石川植物園
カツラ(桂;カツラ科カツラ属)。日本各地、中国、朝鮮半島に分布する落葉高木。わが国では冷温帯の渓流などに自生する。開花期は3月~5月で雌雄異株。葉は対生でハート形の円い形状が特徴的。秋には美しく黄葉し、落葉になると甘い香りを呈する。少し離れた所からでもカツラの存在に気がつきます。街路樹や公園樹に利用される。



(ヒロハカツラ)新葉の展開 2019.4@小石川植物園

(ヒロハカツラ)緑葉 2013.8@小石川植物園

(ヒロハカツラ)黄葉 2012.11@小石川植物園
ヒロハカツラ(広葉桂;カツラ科カツラ属)。日本固有種で東北・中部地方の亜高山帯に分布する落葉高木。カツラよりも葉が丸みを帯び大きいのが特徴。


(シダレカツラ)新葉 2018.4@小石川植物園

(シダレカツラ)黄葉 2014.11@小石川植物園
シダレカツラ(枝垂桂;カツラ科カツラ属)。カツラの変種で多数の細い枝が枝垂れています。数百年前に岩手県の早池峰山山麓で発見され、その後各地に広まったとのこと。

樹木の花 > 樹の花ノート > カツラ(桂)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可