樹木の花 > 樹の花ノート > カジノキ(梶の木)
カジノキ(梶の木)
名 前 カジノキ(梶の木)
科 属 クワ科コウゾ属
分 布 中国・インドシナ・マレーシア原産
開花時期 5月~6月
その他 落葉高木
(カジノキ)若葉&花芽 2021.6@小石川植物園

(カジノキ)赤橙色の実 2011.9@新宿御苑
中国・インドシナ・マレーシア原産の落葉高木カジノキ(梶の木;クワ科コウゾ属)。本州中南部~九州に自生する。花期は5月〜6月で雌雄異株。葉は大きく、同じ株の中でも楕円形のもの、3裂するものなど形状にバリエーションがある。花の後の実は赤橙色に熟し、食することができる。カジノキは古くから和紙の原料として栽培されている。また、神社の境内などに多く植えられ、諏訪神社等の神紋や日本の家紋にも用いられている。

(カジノキ)台風被害 2018.10@小石川植物園
2018年9月30日夜間から10月1日未明に東京地方に来襲した台風24号の強風が小石川植物園の樹木にも多くの被害をもたらしました。カジノキも太い木枝の大半が吹き飛ばされましたが、その後再生し、若葉が生い茂るようになっています。

樹木の花 > 樹の花ノート > カジノキ(梶の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可