樹木の花 > 樹の花ノート > ヒサカキ(柃、姫榊)
ヒサカキ(柃、姫榊)
名 前 ヒサカキ(柃、姫榊)
科 属 モッコク科ヒサカキ属
分 布 本州~沖縄に分布し、照葉樹林に多く生える
開花時期 3月~4月
その他 常緑小高木
(ヒサカキ)花 2021.3@小石川植物園

(ヒサカキ)青い実 2021.6@小石川植物園
常緑小高木のヒサカキ(柃、姫榊;モッコク科ヒサカキ属)。本州~沖縄に分布し、照葉樹林に多く生える。花期は3月~4月で、枝の下側に短くぶら下がるように白色の壺状の花がびっしりと並んで咲いています。10月~3月には紫黒色の実が見られる。長楕円形で先が鈍く尖がる葉が密に互生する。厚みがある葉の表面はつやが強い。庭木や公園木として用いられ、関東以北ではサカキ(榊)の代わりに神事に使われる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ヒサカキ(柃、姫榊)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可