樹木の花 > 樹の花ノート:ヘツカニガキ(辺塚苦木)
ヘツカニガキ(辺塚苦木)
名 前 ヘツカニガキ(辺塚苦木)
科 属 アカネ科タニワタリノキ属
分 布 暖帯から亜熱帯に生え、沖縄・九州南部・四国南部に自生する
開花時期
その他 落葉高木 → 四季フォト
タニワタリノキ属の仲間   タニワタリノキ ヘツカニガキ

(ヘツカニガキ)2003.7@小石川植物園
ヘツカニガキ(辺塚苦木;アカネ科タニワタリノキ属)。暖帯から亜熱帯に生え、沖縄・九州南部・四国南部に自生する落葉高木。茎や葉に苦味がある。夏にクリのイガのような花が付く。九州大隈半島の辺塚で発見されたことに和名が由来。

(ヘツカニガキ)2009.1@小石川植物園
新年になって、周囲の冬木立の木々の中でまだ表面に光沢のある黄葉が少し残る。

樹木の花 > 樹の花ノート:ヘツカニガキ(辺塚苦木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可