樹木の花 > 樹の花ノート > ハンノキ(榛の木、赤楊)
ハンノキ(榛の木、赤楊)
名 前 ハンノキ(榛の木、赤楊)
科 属 カバノキ科ハンノキ属
分 布 日本、朝鮮半島、ウスリー、中国東北部に分布
開花時期 12月~2月
その他 落葉高木
ハンノキ属の仲間  オオバヤシャブシ  ハンノキ

(ハンノキ)花穂 2012.2@小石川植物園
日本、朝鮮半島、ウスリー、中国東北部に分布する落葉高木ハンノキ(榛の木、赤楊)。全国の山野の低地や湿地、沼に自生して河畔林を形成します。春先に花穂が細長く円柱状に垂れ下がる。カバノキ科ハンノキ属。

(ハンノキ)新緑 2021.4@小石川植物園
花の後で新緑が広がる。

(ハンノキ)木の実 2019.9@小石川植物園
夏木立の中に実が熟し始める。

(ハンノキ)冬木立 2019.1@小石川植物園
新年の冬木立。まだ黄葉が少し残っています。

(ハンノキ)ハンノキ林 2018.7@釧路湿原
釧路湿原のハンノキ林。サバンナのような草原の中にハンノキが群生する林間地が現れてきます。

樹木の花 > 樹の花ノート > ハンノキ(榛の木、赤楊)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可