樹木の花 > 樹の花ノート > ハチジョウクサイチゴ(八丈草苺)
ハチジョウクサイチゴ(八丈草苺)
名 前 ハチジョウクサイチゴ(八丈草苺)
科 属 バラ科キイチゴ属
分 布 伊豆諸島、八丈島、小笠原父島などに分布
開花時期 3月~5月頃
その他 落葉小低木
キイチゴ属の仲間
   クサイチゴ ハチジョウクサイチゴ ヒメカジイチゴ
   モミジイチゴ ナガバモミジイチゴ

(ハチジョウクサイチゴ)2021.4@小石川植物園
ハチジョウクサイチゴ(八丈草苺;バラ科キイチゴ属)。伊豆諸島、八丈島、小笠原父島のほか関東地方南部、四国、九州などに分布し、海岸近くに生える落葉小低木。カジイチゴとクサイチゴの自然交雑種と見られる。3月~5月頃、枝先に白色の花が上向きに咲き、その後すぐに赤い実をつける。葉の縁には重鋸歯がある。八丈島で発見されたことから和名がつく。

樹木の花 > 樹の花ノート > ハチジョウクサイチゴ(八丈草苺)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可