樹木の花 > 樹の花ノート > アテツマンサク(阿哲満作)
アテツマンサク(阿哲満作)
名 前 アテツマンサク(阿哲満作)
科 属 マンサク科マンサク属
分 布 中国地方から四国、九州に分布
開花時期 早春
その他 落葉小高木
マンサク属の仲間
   アテツマンサク シナマンサク ニシキマンサク ハヤザキマンサク

(アテツマンサク)2006.2@小石川植物園

(アテツマンサク)2016.3@小石川植物園

(アテツマンサク)2018.11@小石川植物園
中国地方から四国、九州に分布する落葉小高木アテツマンサク(阿哲満作)。石灰岩地帯の岡山県阿哲地方で最初に発見された。早春の冬木の多い林間部の一角で、無数の黄色のリボン状の4弁花が大空を遊泳するかのように咲き出します。マンサク科マンサク属。

樹木の花 > 樹の花ノート > アテツマンサク(阿哲満作)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可