樹木の花 > 樹の花ノート > アサダ(ハネカワ 、ミノカブリ)
アサダ(ハネカワ 、ミノカブリ)
名 前 アサダ(ハネカワ 、ミノカブリ)
科 属 カバノキ科アサダ属
分 布 北海道中南部~九州南部に分布
開花時期 4月~5月
その他 落葉高木
(アサダ)新葉 2021.4@小石川植物園

(アサダ)若葉 2019.5@小石川植物園

(アサダ)黄葉 2013.11@小石川植物園
アサダ(ハネカワ 、ミノカブリ;カバノキ科アサダ属)。北海道中南部から九州の南部辺りまでの地域に生育する落葉高木。他の落葉広葉樹に混じって散生し、群生することはほとんどない。4月~5月頃、新葉の展開とともに穂状の花が咲く。先端が尖る卵形/長楕円形の葉がつき、葉縁に浅い鋸歯がある。秋には美しい黄葉が見られる。成長するにつれ、樹皮が剥がれることからハネカワ 、ミノカブリの別名あり。肌目が緻密で美しい仕上がりを得ることが出来、床材の材料などに用いられる。

樹木の花 > 樹の花ノート > アサダ(ハネカワ 、ミノカブリ)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可