樹木の花 > 樹の花ノート:ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)
ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)
名 前 ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)
科 属 ツツジ科ツツジ属
ツツジ亜属ミツバツツジ節
分 布 鹿児島県原産、低山地の岩場に多く見られる
開花時期 2月下旬~3月
その他 落葉低木
(ハヤトミツバツツジ)2007.3@小石川植物園

(ハヤトミツバツツジ)2018.4@小石川植物園
鹿児島県原産で低山地の岩場に多く見られる落葉低木のハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)。2月下旬から3月に葉のない枝先に淡い赤紫色の花が元気に咲き出す。ミツバツツジの仲間は花が終わってから枝先に3枚の葉がつく。ツツジ科ツツジ属ツツジ亜属ミツバツツジ節。

ツツジ属の仲間  ツツジ
(ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列) ヤマツツジ
(ツツジ亜属ツツジ節モチツツジ列) モチツツジ
(ツツジ亜属ツツジ節サツキ列) サツキ
(ツツジ亜属ツツジ節ウンゼンツツジ列) ウンゼンツツジ
(ツツジ亜属ミツバツツジ節) ハヤトミツバツツジ
(ツツジ亜属サクラツツジ節) サクラツツジ
(ツツジ亜属バイカツツジ節) マルババイカツツジ
(セイシカ亜属) セイシカ アマミセイシカ
(ヒカゲツツジ亜属) ヒカゲツツジ ゲンカイツツジ
(シャクナゲ亜属シャクナゲ節) シャクナゲ
(シャクナゲ亜属レンゲツツジ節) レンゲツツジ
(分類不明)
  ナツザキツツジ アカゲツツジ ロドデンドロン・アウストリヌム



 以下はハヤトミツバツツジ以外のミツバツツジ節のツツジ。
トウゴクミツバツツジ キヨスミミツバツツジ シロバナコバノミツバツツジ
ナンゴクミツバツツジ トサミツバツツジ アワノミツバツツジ
ヤクシマミツバツツジ ヒダカミツバツツジ タカクマミツバツツジ
オンツツジ ムラサキオンツツジ タンナアカツツジ

(トウゴクミツバツツジ)2012.5@小石川植物園

(トウゴクミツバツツジ)2019.4@森林公園
関東の山地に多く見られる落葉低木のトウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。5月~6月頃に花が咲く。

(キヨスミミツバツツジ)2012.5@小石川植物園
キヨスミミツバツツジ(清澄三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。千葉県清澄山から採集され命名された。関東地方南部から近畿地方南部にかけて太平洋側に分布する。4月~5月に開花。

(シロバナコバノミツバツツジ)2012.4@小石川植物園
シロバナコバノミツバツツジ(白花小葉の三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。本州中西部、九州に分布。

(ナンゴクミツバツツジ)2012.4@小石川植物園
ナンゴクミツバツツジ(南国三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。九州に分布。

(トサミツバツツジ)2007.4@小石川植物園
トサミツバツツジ(土佐三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。岐阜、滋賀、紀伊半島、四国全域に生育する。

(アワノミツバツツジ)2003.4@小石川植物園
アワノミツバツツジ(阿波の三つ葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。四国の山地に分布。

(ヤクシマミツバツツジ)2006.5@小石川植物園
ヤクシマミツバツツジ(屋久島三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。屋久島の固有種で、高地に自生する。

(ヒダカミツバツツジ)2007.4@小石川植物園
ヒダカミツバツツジ(三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。北海道日高地方に分布。

(タカクマミツバツツジ)2007.4@小石川植物園
タカクマミツバツツジ(高隈三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。九州南部の霧島山、高隈山に分布。

(オンツツジ)2012.4@小石川植物園
オンツツジ(雄躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。紀伊半島、四国、九州に広く分布。

(ムラサキオンツツジ)2019.4@小石川植物園

(ムラサキオンツツジ)2006.4@小石川植物園
ムラサキオンツツジ(紫雄躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。オンツツジの希少種で、紀伊半島にのみ分布する。

(タンナアカツツジ)2012.4@小石川植物園
タンナアカツツジ(耽羅赤躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。韓国の済州島に分布し、山地に生える。「耽羅」というのは済州島の古名です。オンツツジの変種。

樹木の花 > 樹の花ノート:ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可