トップ ひがしねスケッチ 遊自然スポット M y 母 校 東根について 関連リンク集
やまがた遊自然スポット
 ふるさとの東根は山形盆地の中央部に位置し、風光明媚な自然に囲まれています。この地に立って四方を見渡すと山々の風景。東には奥羽山脈が南北に走り、船形山、蔵王連峰などの山々が連なる。また西方には出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)などの朝日連峰に連なる山々が眺望できます。万年雪で覆われた月山の美しさは見事。奥羽山系を源流とする乱川と白水川は市内扇状地を流れ、芭蕉の句「五月雨や集めてはやし最上川」で有名な最上川に注ぎます。
 このように東根を拠点にしてちょっと足を延ばせば、山形の大自然に遊び心身ともにリフレッシュすることができます。本コンテンツは、「山形の風景」を基に編集しました。
最上川 月山・羽黒山 鳥海山
立石寺(山寺) 県総合運動公園 山形市野草園
最上の巨木 鳴子峡・山刀伐峠

  県内を縦走する最上川

 福島との県境から発し置賜地方、山形盆地、最上地方、庄内平野を縦走して日本海に注ぐ。「五月雨やあつめてはやし最上川」、「暑き日を海にいれたり最上川」(芭蕉)や「最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも」(茂吉)の歌で有名。
 左は大石田付近の風景でコスモスの咲く時期。27.9
村山市大淀地区の真下慶治記念美術館からの眺望。最上川の大蛇行部(大淀)を眼下にすることができます。この美術館には地元出身の洋画家・真下慶治が四季折々の最上川の表情を雄大に描いた油彩画200点を収蔵されています。27.9 大淀の少し下流の大石田町付近の最上川の風景です。コスモスの花も咲いていました。町の中央を南北に最上川が流れる大石田町は、陸路と水路の接点という地の利から、かつては最上川最大の舟着場として栄えました。左28.8、右27.9
尾花沢市毒沢地区を悠々と流れる最上川。山々からの雪解水を満々とたたえている様子(左)15.5、土手の木々が色づき始めている(右)21.9末 芭蕉は奥の細道の旅程で、ここ新庄市本合海の地から乗船して最上川で庄内へ下ったとされています。芭蕉と曽良の像と歌碑が建てられています。24.8

  霊峰月山・羽黒山など

(月山)

 出羽三山の一つの霊峰月山は万年雪で夏スキー客で賑わうことでも有名。県内の各所から白い山頂が眺望できる。左は月山山中の風景で、残雪の中に新緑のブナ林が生えている。15.5
月山は県内各所から眺望できる。これは月山湖PAから。27.5 山形市内西部から全容が見える。28.5 東根市内からは山頂付近だけ。22.4 尾花沢市毒沢地区からの眺め。16.5

(羽黒山、加茂水族館)

 標高414mの羽黒山は出羽三山の中心地。山頂には三神合祭殿があり、自動車道も通じているため容易に参拝できる。随神門から始まる表参道は全長約1.7km、2446段の長い石段になっていて、参道の両側には400本以上もの樹齢350~500年の杉並木が続く。左は羽黒山五重塔(国宝)。28.5
入口の随神門。ここを抜け参道に入ると、最初の部分がいきなり長い下り坂(継子坂)になっています。28.5 石段唯一の下り坂の継子坂を下ると、月山に源流を発する清流の祓川にかかりる赤い神橋が見えてきます。28.5 羽黒山山頂に月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した日本随一の大社殿が建っています。28.5 羽黒山山頂付近から隣接する月山の山並みを眺めることができます。28.5
芭蕉は元禄2年6月に出羽三山を訪れ、句を残しています。
「涼風やほの三か月の羽黒山」
「雲の峯いくつ崩れて月の山」
「かたられぬゆとのにぬらす袂かな」
日本海に面した断崖絶壁に建つ加茂水族館は羽黒山神社から車で約20分。クラゲの展示種類は50種類以上で、世界一。ゆったりと動くクラゲの様子に癒されます。28.5

  出羽富士と呼ばれる鳥海山

 鳥海山の山腹からの眺望です。眼下の景勝地、象潟の町や、広い日本海が一望できます。山腹まで鳥海ブルーラインが通っており、快適なドライブを楽しむことが出来ます。鳥海山は出羽富士とも呼ばれる美しくそびえる名峰で、秋田県との県境に位置します。16.8
湯野浜から見た鳥海山 鳥海山からの眺望
山形県の庄内海岸からみる鳥海山のシルエットです。鳥海山は出羽富士とも呼ばれる美しくそびえる名峰で、古来より周辺の人々に敬われ、精神的な支えとなってきた。16.8 鳥海山は山腹まで鳥海ブルーラインが通っており、快適なドライブを楽しむことが出来ます。鳥海ブルーラインで中腹まで一気に登ることができ、ここからの眺望は見事です。眼下の景勝地、象潟の町や、広い日本海が一望できます。古くから松島と並び称された象潟の町は芭蕉が訪れた最北端の景勝地で、田園風景のあちこちに小さな島々が浮かぶ貴重な風景(九十九島)を今に残しています(左)。仁賀保高原には風力発電機が立ち並んでいます(中)。また、日本海の西方には飛島が浮かんでいます(右)。16.8

  宝珠山立石寺(山寺)

 山寺の呼び方で親しまれている宝珠山立石寺。貞観2年(860)、慈覚大師円仁が開いた天台宗の名刹で東北を代表する霊山です。
 右下の根本中堂を参拝して、その後山中の石段を登って、左上の五大堂が大部分の人の目的地。ここからの見晴らしは素晴らしい。
 左は秋の一望風景です。25.11
芭蕉は『奥の細道』で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という有名な俳句を詠みました。21.9 五大堂付近の山腹に建てられた開山堂などの堂塔の建物。21.9 五大堂の見晴台から見渡すと眼下に絶景が広がり、階段登りのつらさも吹っ飛びます。21.9 山腹に建つ堂塔の分布図。
芭蕉記念館が建つ「山寺風雅の国」の高台からの初夏の絶景です。正面の緑の覆われた山腹に配置された山寺(宝珠山立石寺)の大小30余りの堂塔が一望できます。28.6 「山寺風雅の国」の高台の風景。左28.6、右29.5

  自然豊かな県総合運動公園

 山寺から山を下りたところに県総合運動公園があります。県民のスポーツ活動やレクリエーション活動の場として東根市に隣接する天童市内に整備されています。この公園の新緑や紅葉の美しさは素晴らしく、自然の野趣にあふれています。左は美しい紅葉の風景。25.11
公園の正面から入って左手の区域にイチョウやユリノキなどの大樹が立ち並んでいます。10月下旬から11月中旬にかけてこの付近は黄金色に輝きます(左2枚は25.11、右2枚は28.10末)。
連休の頃は美しい新緑におおわれ、しっとりと木々の花が咲きます。左からイチョウ並木、ハナミズキ(紅白の花)、ユリノキ、アオダモ(白い花)。29.5

  山野草が広がる西蔵王高原(山形市野草園)
 山形の西蔵王の山麓に、ミズバショウ、ザゼンソウ、ミツガシワ、アケボノソウなど四季折々の野草が群生する山形市野草園があります。開園直後の4月の野草園では、湿地に座禅草が群生しています。福寿草、フキノトウ、雪割草などもアチコチに見かけます。25.4
山形市野草園は西蔵王高原に広がる26.5haを誇る野草園で1993年4月に開園。四季おりおりの植物が生息しています。25.4 ショウジョウバカマ(猩々袴)。25.4
ミズバショウ(水芭蕉)。25.4 ザゼンソウ(座禅草)。19.4 フクジュソウ(福寿草)。19.4 アズマイチゲ(東一華)。19.4
山形、上山の各地から、山形野草園を抱く蔵王連峰の山並みが望めます。山形市村木沢地区から(左)28.6、上山シベールの工場から(左2)21.9、上山の斎藤茂吉記念館から(右2)14.5、(右)20.9

  最上の巨木

 最上地方は巨木が多く生えていることで有名です。左は最上地方鮭川村小杉地区の「曲川の大杉」。樹齢700~800年、根回り6.3m、樹高20mの巨樹です。日本海に分布するウラスギに属し、最上峡谷に群生する天然杉と同種のもので、神代杉と呼ばれています。15.8
鮭川村の「曲川の大杉」は、アニメの「となりのトトロ」の木のように見え、トトロの木として人気を呼んでいます。また、もともと一本の木ですが、近くから見ると二本の木が寄り添っているいるように見え、地元では夫婦杉、縁結びの杉と言われています。15.8 金山町大美輪地区の大杉林。手入れが行き届いており、128本の巨木群が林立する様は壮観で圧倒されます。伐採を目的として植林された杉としては国内最大級と言われ、樹齢約240年。この近辺の杉は金山杉として有名です。左が大杉林の入口、右が林の内部。15.8

  紅葉が美しい鳴子峡・山刀伐峠
(鳴子峡)

 最上の巨木地域を東に進むと鳴子峡に差し掛かります。鳴子峡は宮城県北部の鳴子温泉郷にあって山形県と岩手県と県境を接していて、紅葉スポットとして有名です。21.10末
峡谷の岸壁も錦秋の装いです。モミジ、カエデ、ブナなどの紅葉が谷底まで広がっていて壮観です。鳴子峡レストハウスの近くを歩いただけで、色とりどりの紅葉が随所に見られます。21.10末
(山刀伐峠)

 鳴子峡から車で20分くらい南下すると。山刀伐(なたぎり)峠が見えてきます。かつて芭蕉は鳴子からこの山刀伐峠を超えて尾花沢に入りました。芭蕉は「奥の細道」で『高山森々として、一鳥声きかず、木の下闇、茂りあひて、夜行くがごとし』と記しています。この付近は鬱蒼と原生林が生息しています。21.10末
かつての芭蕉が歩んだ峠道は歴史の道として保存されていますが、現在では、別の道が整備されていて、峠の頂まで車で簡単に上ることができます。峠ではブナの原生林に交じってモミジやカエデもあって、紅葉、黄葉が見事です。頂上には子宝地蔵として信仰されている地蔵堂や、神霊が宿ると信仰されている子持ち杉があります。21.10末


ふるさと東根 Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved.